宝石珊瑚の品質は千差万別

天然産物である宝石珊瑚の品質は

個々の商品ごとにまさに千差万別

 

深海で作り出される宝石珊瑚の原木は

ちょうど1本の立木のような形状をしていますが、

まっすぐな建築用の材木を切り出すのとは異なり

曲がりくねった原木から、欠点となる部分を避けつつ

いい形にできるだけ大きくカットするためには、

相当の制約があります。

IMG_6260

 

最適な色調と、美しい光沢面をあわせもつ、真の

価値の高い宝石珊瑚は、産出量が極端に少なく

稀少性が相当高いので、このことも強化する上での

基準にしなくてはなりません。

27.04.06.1

 

宝石珊瑚の価値については、一般には

相当わかりにくいものになっています。

ちなみに、日用品や家具、電化製品などの

通常の商品では、希望小売価格が明示されていたり

まちまちな値段のサービスであっても

いわゆる経験側で、値段の妥当性が概ね

判断できるものです。

 

宝石珊瑚は天然の産物であり、一つ一つ全ての品質が

異なることから、長年培った経験則上の眼識を持つ老舗の

珊瑚職人でさえも、多種多様な商品を

見極めることについては

非常に慎重にあたっているのです。

 

宝石珊瑚の品質と価値がわかりにくい理由は

「目で見て品質を判断するしかない」というところに

あります。

IMG_3517

 

同じ大きさの宝石珊瑚が、100万、50万、30万、

場合によれば千円のアクセサリーとして、

品質表示のないままに、1000倍以上の

価格差がついて販売されていることも、

一般には価値を疑ういたくなる原因になっています。

 

こうした価格も、実は天然産物である宝石珊瑚の

品質の相違が反映されたものなのです。

 

この価格の差を明確に表すためには、

「宝石珊瑚が、それぞれにまったく別のものである」

ということを広くご理解いただく必要があります。

2017-10-06

最新記事
月別一覧
カテゴリー別一覧