数珠のおはなし

宝石サンゴの認知度が
低いのを感じる毎日

やっぱり、きちんとブログでも
お話ししないとね。

 

ところで、数珠をお持ちでしょうか?

最近、私たちの友達でも

お葬式などでも、数珠を持たないで

おまいりしている人がいます。

 

なぜ数珠を持つのでしょうか?

IMG_8838

数珠は、仏教徒のシンボルで

私たちを正しい信仰へと導く

大切な法具です。

現代では、仏壇に向かう時や

合掌するときには手にかけ

お葬式お墓参りに出かけるときにも

「どうぞ忘れずに」という必需品です。

 

弘法大師・法然上人・日蓮聖人、みんな

数珠を持っています。

空海

「ジュズ」は、ズジュ・ズズ・などと読まれ

数珠・珠数・もしくは誦珠と書かれます。

 

珠の数は、昔の文書に

『一百八珠を景勝となす』と説かれています。

正式な数珠は、親玉によって

54個のずつに分けられています。

この54は、私たちの魂=珠が磨かれて

光り輝くようになるまでの、煩悩を浄化させる

修行の段階(位)のことです。

その54が、凡夫が仏へと進みゆく道なら

残りの54は後輩たちに手を差し伸べるために

還る道です。

 

珠の一つ一つを爪操りながら、

心の中のホコリ・チリをなくそう。

清らかな「おもい」をそういう願いが

子珠には込められています。

10073268

人類共通のおまもり

数珠のことを、古代インドの梵語では

“ジャパマーラー”といいます。

ジャパは、ささやいたりつぶやくこと。

マーラーは花環という意味です。

それがヨーロッパに伝わって

キリスト教のロザリオ(ポルトガル語)に

なったようです。

w

ロザリオには、聖母マリアが

聖ドミニクスのもとに姿を

現し、霊的な武器として使うことを

教えたという伝説があり、その珠は

希望や愛を表し、十字架がつけられたりします。

数珠は仏教だけのものでは

ありません。

 

インドのバラモン教でも使っていましたし、

スーフィズム(イスラム神秘主義)の人々も

数珠を使った礼拝をするそうです。

 

つまりジュズは人類の歴史とともに

自然に作られた霊器(おまもり)と

いうことができるでしょう。

2018-10-05

最新記事
月別一覧
カテゴリー別一覧